みんなとでも!二人きりでも!簡単にライブトークができる

アイコン説明

  • オープン

    無料で視聴できる配信です。気軽に入室してみよう!

  • グループ

    有料で視聴できる配信です。いつもとは違う配信が見れるかも!

  • プライベート

    配信者と二人きりでお話中の配信です。視聴者側もマイク/カメラを利用できます。

  • 有料ルーム

    視聴に必要な1分ごとのポイント数です。

  • スマートフォンからの配信

著作権ガイドライン

    当社ウェブサイト「ワクワクライブ」をご利用にあたり、配信、サムネイル等で会員様が著作権について意識をせずに、気付かぬ内に著作権を侵害してしまう場合がございます。
    著作権について正しく理解し、楽しく配信を楽しみましょう。

著作権とは

著作権法では「著作物」とは「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう。」と定義しています。
著作権とは音楽や映像、イラスト等を創作した人や団体がその創作物に対して排他的、独占的に持っている、著作者の意図に反して著作物を利用されない権利です。
この権利には登録等の手続きは必要なく、創作物が生まれた時点で自然に権利が発生します。
原作者や著作権所有者が自らの創作物を守る為の独占的な権利として法律によって付与されます。
例えば、インターネット上にそれらの創作物を無断でアップロードして共有すると、多くの著作権所有者の独占権に関与することになります。
映像や音楽等、他者が創作したものを公の場で利用する場合、原則としてその創作者に対し利用の許諾が必要です。

以下に、著作権で保護されているコンテンツの例をいくつか紹介します。
・テレビ番組
・映画とその予告編
・楽曲やその歌詞
・CM
・書籍や雑誌の文章
・他社が権利を有する写真または画像

著作権の侵害について

著作権を侵害するということは、著作権所有者の自分のコンテンツの使用を支配できる権利を侵害すること、つまり著作権所有者ではない者が、許可なく著作物を複製、配布、実演、公開、または派生著作物を作成した場合のことをいいます。

当社ウェブサイトに自ら著作権を保有していないコンテンツをアップロードすることで、著作権を侵害していると適切に通知された場合には、そのコンテンツを速やかに削除します。
また、著作権を侵害したコンテンツを配信、投稿した場合は、予告なく利用を停止するとともに、禁止行為に基づき当社または第三者が損害を被った場合は、当該会員および利用者はこれを賠償するものとします。
当社ウェブサイトの有料サービスを利用の場合、著作権を侵害した配信に対しては配信を切断し、Mポイントの換金はできないものとします。
当社がすべての創作者の権利を保護し、すべての人にとって創造的であり、有益なwebサービスであり続ける為に、会員の皆様にご理解とご協力をお願いします。

著作権を侵害しない為には

会員の皆様が配信するコンテンツが他社の著作権を侵害しないようにするには、著作権所有者に使用許可を得る、もしくは自らが生み出したオリジナルのものを使用することです。

自らが撮った写真や動画、自らが書いた詩や小説等、オリジナルのコンテンツであれば、著作権侵害について心配することは一切ありません。
また、著作権フリーな素材を使用することも1つの手です。
ページトップ